痩身効果があるボディトリートメントの種類

サイトメニュー

院内

健康的な痩身

ダイエットを頑張っていても、効果が実感できない、すぐにリバウンドするという人は病院でのダイエットも検討してみてはいかがでしょうか。食事制限や運動についての正しい知識も身に付きますし、健康な体を目指せるのもメリットです。
女性

体重は治療で減る

専門家のサポートや痩身医療でダイエットが成功できる専門外来、それがダイエット外来です。肥満に悩む人が増えるにつれダイエット外来を設置している病院が増えてきており、以前より利用しやすい環境になっています。

痩せたい人におすすめ

女性

医療機関なら脂肪をしっかり除去できる

ジムに通わず苦痛や苦労なく脂肪を落とす方法として、エステや病院でボディトリートメントを受けるという手段があります。エステは基本的にマッサージと痩身マシンが中心で、アロマオイルでリラックス効果があるのでダイエット中のストレス解消もできます。それに対して病院は医療機関なので、ダイエット効果がある注射や点滴、外科手術や医療機器などがトリートメントの中心です。エステの施術はダイエットのサポート的なものですが、病院の施術の場合は即効性があり部分痩せできるのが特徴です。治療中の病気がなく服用している薬などに問題なければ、美容外科などで痩身系のボディトリートメントができます。お腹回りや太ももなどの下半身を一回ですっきり解消できるのが、脂肪細胞を取り出して行う脂肪吸引手術です。脂肪吸引手術は体重を一気に減らすことができることから、肥満体型の人に向いています。手術よりも簡単で気軽にできるのが注射や点滴です。食欲抑制ホルモン注射なら、毎日の食欲を抑えてカロリーをコントロールできます。肥満体国である米国では食欲抑制ホルモン注射は病院でのダイエット法の一つとして定着しています。また、最近では余計な脂肪を分解して排出する点滴や小顔注射、メソセラピーも人気です。医療機器では脂肪細胞を溶解するRF(ラジオ派)のマシンや脂肪を凍らせて砕いて排出する脂肪冷却マシンなどがあります。エステでも痩身マシンが人気ですが病院の医療機器はもっと本格的で米国FDA認可が認可したものが多く、一回で痩身効果が高いのが特徴です。

食欲抑制ホルモン注射をすると、何も食べていなくても満腹感を感じるようになり徐々に体重が落ちていきます。注射をした直後は胃に違和感や膨張感を感じることがありますが、時間が経過するとだんだん慣れていきます。一回だけではあまり効果がないので、しっかりダイエットをするために2ヶ月以上病院に通院して注射を打つことが大切です。ただし早く痩せたいからと短期間で何回も打つのは禁物で、身体への負担をかけないために一週間以上は注射をする間隔を空けたほうが良いとされています。医師の指示に従って定期的に注射をしていれば、一週間で2キロ以上のダイエットが可能です。ダイエット効果がある脂肪を取り除く医療機器も、種類によっては定期的な継続が必須となってきます。効果には即効性はなく、体重がはっきりと落ちてくるのは1ヶ月以上経過してからです。ただし妊娠中や授乳中の人、がんの既往歴がある人、その他投薬治療中の人などは安全のために施術ができない可能性があるので注意が必要です。医療機器を使用するボディトリートメントは痛みがないので麻酔は必要ないです。しかし痛いというほどではないですが、人によっては熱感や刺激を感じる人もいるようです。熱感を感じたら必要に応じて冷やしたタオルや冷却シートなどでクールダウンすると引いていきます。施術をしたあとに内出血や腫れが出る場合がありますが、3日くらい経過すると解消します。もしもずっと腫れや痛みが引かないなど何らかの異変を感じたら、遠慮しないで施術をした病院に連絡をして指示を仰ぐことが大切です。

看護師

美容外科での痩身

頑固で落ちにくい脂肪もセルライトも、美容外科などの病院で治療をすることで解消できます。内服薬や顔痩せができる小顔輪郭注射、マシン治療など、幅広い最新医療技術がダイエットの成功をサポートしてくれます。