痩身効果があるボディトリートメントの種類

サイトメニュー

美容外科での痩身

看護師

ぽっちゃりがスリムになる

年を取るにつれて代謝が落ちて脂肪がつきやすくなるので、二重あごやぽっちゃり体型の悩みを抱えている人は多くいます。ダイエットをしてもなかなか体重が落ちないしすぐにリバウンドしてしまう、そんな脂肪の悩みは美容外科などの病院で解決です。病院で痩身効果がある医療技術に頼ることによって、みるみる脂肪が落ちて頑固なでこぼこのセルライト脂肪も解消します。フェイスラインのもたつきや二重あごの悩みに対して効果的なのが、小顔輪郭注射(BNLS)です。小顔輪郭注射は植物から抽出したダイエット効果がある自然由来成分を注射して、皮下脂肪のもたつきを解消できる人気の注射です。デオキシコール酸が配合された新バージョンのBNLSneoならさらに脂肪の溶解効果が高くなっています。ダイエットのお供に内服薬に頼りたいなら、糖質をカットできる糖質制限内服薬や脂肪燃料系のサプリメントなどが有効です。厚生労働省による認可が下りている内服薬もあり、安全性が高く安心して毎日服用できます。このような内服薬を服用することによって減量効果が高くなるので、普段のダイエットのサポートとして取り入れると良いです。皮下脂肪やセルライト脂肪のみにアプローチするマシン治療も美容外科ならできます。表皮などの表面にはまったくダメージがなく、皮下脂肪のみに効率的に熱エネルギーを与えて脂肪を排出するマシンです。効果がでるまである程度時間がかかりますが、顔だけやお腹だけなどピンポイントで部分痩せができるのがマシン治療のメリットです。

病院に行く前に予約や問い合わせができるホームページをチェックして、都合の良い日を選んで予約を入れておくことが大切です。ダイエットのために美容外科に行ってそのまま小顔輪郭注射やマシン治療を受けるならば、その日はその後の予定を空けておくことをおすすめします。注射やマシン治療そのものは痛みもないし、日常生活が送れないほどのつらいダウンタイムもないです。しかし病院でのれっきとした医療行為にあたるので、ある程度体に負担がかかります。注射やマシン治療をしてからそのまま遊びに行ったり激しい運動をしたりすると、患部に腫れが出たり鈍痛が起こったりするリスクが高まるので避けるべきです。治療をした当日や翌日以降の過ごし方については、医師や看護師のほうから説明があります。たいていは当日安静にして過ごすことを指示されるので、それを守ってスケジュールに余裕がある日を選んで予約を入れることが大事です。診察やダイエットの治療をした場合に支払う現金やカード、保険証やマスクなどが持参する基本的なものです。保険証は美容外科では必要ないですが、まれに提示を求められる場合もあるので念のために持参しておくと安心です。初診では問診やカウンセリングのあとに治療があり、治療をしてから再診の予約を入れて会計をしてお帰りという流れになります。問診票は沢山の記入欄があり、すべて記入し終えるまでに10分程度はかかるとみていいです。意外と時間がかかるので、余裕をもって10分前には病院に着くように出かけたほうが時間の無駄を省くことができます。