痩身効果があるボディトリートメントの種類

サイトメニュー

体重は治療で減る

女性

治療の種類や料金

脂肪を積極的に取りたくて「ダイエット外来」や「肥満外来」で治療を受ける人が増えています。病院の中でも専門外来は、個別性の高い疾患に対してより専門的な治療を施してくれるのが魅力です。ダイエット外来なら一人一人の脂肪のつき具合や体質をカウンセリングで調べて、医学的な根拠に基づいて安全かつ最適な治療をしてくれます。それではダイエット外来に行けばどんな治療ができるかというと、それぞれの病院で違います。基本的に二つに分けると今ついている脂肪を除去する治療と、肥満になりにくい体質にする治療です。BMI(体格指数)の数値が25を超えると医学的に肥満と診断されます。肥満の場合は脂肪溶解注射という注射で皮下脂肪を除去する治療や脂肪吸引などの手術が提案されます。そして治療が終わったあとにあるのが、太りにくい体質を維持するための生活指導です。これはリバウンドを防ぐためにとても重要なことで、病院にいる医師や管理栄養士などがアドバイスしてくれます。専門的な知識を有する医療従事者によるアドバイスはとても貴重でためになります。自分だけでダイエットを続けるよりもはるかに有効性が高く健康のためにもなる体験です。ちなみに肥満指数が増えると動脈硬化などのリスクが高くなり、健康を害することに繋がります。そのため、あまりにも肥満指数が高い人の場合は保険適用で治療を受けられる病院もあるようです。BMIが35を超えると高度肥満と定義されるので、心配なら近くのダイエット外来に相談に行くことをおすすめします。

高血圧や高尿酸血症、心臓病など何等かの病気のリスクを抱えている場合を除いて、病院での医療痩身の治療は保険適用外です。病院ごとに自由に料金を設定してあるため同じ治療でも何万円も違う場合もあり、行く前にネットなどで相場を調べておくことが大切です。脂肪がつきにくい体にするダイエットサプリなどは種類に応じて1ヶ月分5千円〜1万円です。市販のものよりも高いですが、それなりに効果が高いことから人気があります。脂肪を溶解する脂肪溶解注射は、一回一部位あたり1万円以下で受けられます。ただし6回以上定期的にすることが推奨されているため、複数回のコース契約をすれば続けやすくまとめ割りがあれば料金も安くなります。なお麻酔を希望すると注射麻酔や表皮麻酔が選べて、麻酔代が別途3千円くらい追加されることがあります。痩身機器での治療は一部位ごとまたは一回ごとなどにコースが分かれています。お腹だけなどの一部位ごとに治療をすると2万円前後の料金がかかります。しっかりダイエット効果が出るまで何回かのコースで契約すると、20万円以上かかるのが一般的です。料金は高いですが痩身機器は一度痩せるとリバウンドしにくい体質になり、食べても太りにくくなるのでおすすめです。外科手術で脂肪を除去すると手術費用は50万円以上になります。手術の場合表面がでこぼこになったり皮膚がたるんだりするリスクが高くなります。術後のトラブルを回避するために、手術経験が豊富な医師に執刀してもらうことが重要です。また術後はこまめにケアをすれば自然にスリムな体型を維持できます。